PR

 米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は,世界半導体市場に関する調査結果を米国時間5月31日に発表した。それによると,2005年4月の売上高(3カ月の移動平均)は182億ドルで,前月の184億ドルと比べて1.2%減少した。しかし,前年同月の170億ドルと比べると6.9%の増加となる。

 SIA議長のGeorge Scalise氏は,「主にDRAMの価格低下と携帯電話向けチップの縮小が当月の減収を招いた」と説明した。

 なお,2005年第1四半期の工場稼働率は85%で,前期の86%からわずかに減少した。ただし,0.16μルール以下の製造技術に対応した工場の場合,稼働率は前月の93%から94%に上昇。

 「4月は売上高が下がったものの,総体的な半導体業界の見通しは明るい。過剰在庫は解消し,工場稼働率は納得のいくレベルを保っている。燃料価格は安定し,米国経済は引き続き成長している。半導体業界にとって好条件が揃っている」(同氏)

■2005年4月の世界市場 前月比(単位:10億ドル)
=======================================================
地域              2005年3月     2005年4月     成長率
-------------------------------------------------------
米大陸               3.25         3.22        -0.7%
欧州                 3.38         3.32        -1.6%
日本                 3.84         3.71        -3.4%
アジア太平洋地域     7.91         7.90        -0.1%
合計                18.37        18.15        -1.2%
=======================================================
出典:SIA
■2005年4月の世界市場 前年同月比(単位:10億ドル)
=======================================================
地域              2004年4月     2005年4月     成長率
------------------------------------------------------
米大陸               3.19         3.22         1.0%
欧州                 3.22         3.32         3.0%
日本                 3.67         3.71         1.0%
アジア太平洋地域     6.90         7.90        14.4%
合計                16.99        18.15         6.8%
=======================================================
出典:SIA
■2005年4月の世界市場 3カ月の移動平均(単位:10億ドル)
===================================================================
地域        2004年11/12/2005年1月   2005年2/3/4月        成長率
-------------------------------------------------------------------
米大陸                3.20              3.22              0.7%
欧州                  3.47              3.32             -4.4%
日本                  3.87              3.71             -4.2%
アジア太平洋地域      7.84              7.90              0.7% 
合計                 18.39             18.15             -1.3%
===================================================================
出典:SIA