PR

 ドイツのO&O Softwareは,使用済みハード・ディスク(HDD)の残存データに関して調査した結果を現地時間5月31日に発表した。それによると,使用済みHDDの70%以上に,何らかの個人データあるいは企業データが残されていたという。

 調査は,同社がオンライン・ショッピング・サイト「eBay」で使用済みHDDを200台購入し,自社製品「UnErase」「DiskRecovery」でデータの読み取りを試みたもの。

 これらのHDDで検出したファイルは330万個。そのうち「Word」ファイルを4万個強,「Excel」ファイルを約1万5000個,電子メール・メッセージが完全に残っているメール・ボックス約50個を復元した。

 同社は2004年にも同様の調査を実施している。今回の復元率は,前回よりも幾分下がったものの,「検出および復元したデータの完全性は,依然として非常に高い」(同社)。

 データの消去処置が不十分なのは,個人ユーザーに限った話ではない。大手で人材も揃っている会社でさえも,廃棄したHDDに機密データを残していることが明らかとなった。「あるケースでは,大手銀行の信用格付けに関するファイルが数多く見つかった」(同社)