PR

 米Microsoftは,現行および将来版のWindowsを,デジタル・カメラの機種ごとに固有の画像フォーマットがあるRAWファイル形式に対応させる。Microsoft社と対応作業に協力するデジタル・カメラ・メーカーなどが米国時間6月1日に明らかにしたもの。

 RAWファイル形式は“デジタル・ネイティブ”とも呼ぶ。デジタル・カメラの画像センサーからの出力を忠実にデータ化しており,色調整や細かな修正が行いやすいという。しかし,標準化されたファイル形式ではなく,カメラによって異なるRAW形式を採用している。そのため,画像処理アプリケーションによっては処理できないRAWファイルが存在する。また同じメーカーのカメラを使っていても,モデル・チェンジなどでRAW出力に互換性がなくなることもある。「当社はパートナと協力し,この問題の解決を図る」(Microsoft社)

 Microsoft社は米Adobe Systems,キヤノン,ニコン,富士写真フイルムの協力を得て,Windows OSの次期版「Longhorn」(開発コード名)にRAWファイルの処理機能を組み込む。RAWファイル操作用のアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を提供するので,アプリケーションからOSの機能を使って画像処理できるようになる。

 Microsoft社は,Windows XP用のRAWファイル対応アプリケーション「RAW Image Thumbnailer and Viewer」の無償提供も行う。これにより,キヤノンおよびニコンのRAWファイルについて,Windows XPのExplorer上でサムネール表示,プレビュー,印刷,メタデータ表示が可能となる。

 さらに,デジタル画像処理ツール「Microsoft Digital Image Suite」の将来版で,キヤノンおよびニコンのRAWファイルの管理,編集,ファイル形式変換を行えるようにする。

◎関連記事
カメラマンの団体がデジカメ・メーカーにRAWファイル形式の公開を要求
富士写,米Kodak,コニカミノルタ,デジタル画像の保存/共有仕様「PASS」を発表
「2004年の世界デジカメ売上高は240億ドル,キヤノンが首位」,米調査
米Adobe,生デジタル写真ファイルの統一仕様を発表
「オンライン写真サービス市場,共有/管理機能が成功のカギ」,米調査
キヤノン,エプソン,米HPが携帯電話からの写真印刷規格の標準化団体「MIPC」を設立
パソコン不要の写真印刷技術――デジタルカメラが一斉採用
「米国世帯の20%がデジカメを所有,業界の今後の課題は長期保存」,米調査

[発表資料へ]