PR

 米Googleが,学生向けのオープンソース・プログラミング・コンテスト「Summer of Code」を米国時間5月31日に発表した。9月1日の締め切りまでにプログラムを完成させた参加者には,4500ドルの報酬を支払う。

 同コンテストの目的について,Google社は「新しい開発者を育てること」と説明する。「そのために,フリーでオープンなソフトウエアの開発活動に踏み切れていない人物を世界中からさがしている。同コンテストは,最大200人の参加者を受け入れるだけの予算を確保してある」(同社)

 参加者は,コンテストを支援するオープンソース団体の指定したプロジェクトに従ってプログラムを作成する。参加申し込みの締め切りは6月14日。作業開始時に,参加者は500ドルの小切手を受け取る。

 プログラムは9月1日までに提出する。9月30日に審査結果を本人に通知し,10月1日に発表を行う。プログラムを完成させたと認められた参加者は,残りの4000ドルとTシャツを獲得できる。

 開発したプログラムは,オープンソース・ソフトウエアとして公開しなければならない。採用するライセンスは,BSD,GPL,LGPLなど参加するプロジェクトによって異なる。

 コンテストを支援する団体は以下の通り。

・Python Software Foundation
・Perl Foundation
・Apache Software Foundation
・Ubuntu Linux
・Mono Project
・Gnome Foundation
・Wine Project
・Subversion Project

◎関連記事
EU,オープンソース・ソフトウエア・プロジェクトに約83万ドルを出資
【Linuxウォッチ】第17回 オープンソースでスキルを身につける5つのステップ
「『中身をいじれる自由』が21世紀の技術者を育てる」――OSS推進フォーラムが活動報告
【Linuxウォッチ】第16回 新入社員の諸君,オープンソースで自分を磨こう!
「コミュニティ活動がスキルを伸ばす」――オープンソースカンファレンス2005より
プログラミング・コンテスト「カブロボ」のエントリーが2700超に――「腕試し戦」で100万円の“利益”をあげるロボットも
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査
“節操のなさ”ゆえに愛されるLinux

[発表掲載ページ]
[Summer of Code紹介ページ]