PR

 米Mozilla Foundationは,電子メール・クライアント「Mozilla Thunderbird」の開発者向けプレビュー版「Mozilla Thunderbird 1.1 Alpha 1」を公開した。Mozilla Foundationが米国時間6月2日に明らかにしたもの。Mozilla FoundationのWebサイトからWindows用,Linux用,Mac OS X用のバージョンを無償ダウンロードできる。

 フィッシング警告機能や添付ファイル削除機能を新たに組み込んだ。RSS/Atomフィード機能を強化し,ポッドキャスティングにも対応した。そのほかには,スペル・チェック機能の改善と,ユーザー・インタフェースの改良も行った。

 Thunderbird 1.1の最終版は,6月末に利用可能とする予定。

 なおMozilla Thunderbird 1.1 Alpha 1について,Mozilla Foundationは「あくまでも開発/試験用なので,エンド・ユーザーは既存のThunderbird 1.0.xを使うべき」と警告している。

◎関連記事
米Mozilla Foundation,セキュリティ対策版の「Thunderbird 1.0.2」「Mozilla 1.7.6」を公開
米Mozilla Foundation,「Thunderbird」にフィッシング警告機能搭載へ
Mozilla Firefox次期版「Deer Park」アルファが公開,パスワードなどを一括消去する新機能
「Mozilla Application Suite」の開発は現行の「1.7.x」で打ち切り,米Mozilla Foundation
米Mozilla Foundation,「Firefox」と「Thunderbird」をUSBフラッシュ・ドライブ規格「U3」対応に
英Netcraft,Firefox用のフィッシング防止ツールバーを無償提供
「FirefoxとThunderbirdの企業への導入が始まった」――Mozilla Party JP 6.0より
「フィッシングの新たな手法『ファーミング』に要注意」,フィッシング対策団体の調査

[発表資料へ]