PR

 米In-Stat/MDRは米国時間5月31日,モバイル・メッセージングの世界市場について調査した結果を発表した。それによると,携帯電話のショート・メッセージング・サービス(SMS),マルチメディア・メッセージング・サービス(MMS),インスタント・メッセージング(IM)サービスなどを含めた,モバイル・メッセージングの売上高は,2007年から2009年にかけて6倍に急増する見込み。「成長のけん引役となるのは企業ユーザーのIM利用だ。

 「SMSの売上高は横ばい状態となっている。先進国の市場飽和で価格弾力性が低くなるため,将来的には減少するだろう。ただし,収益性は高いため,大半のキャリアは引き続き採算が見込める」(In-Stat社アナリストのDavid Chamberlain氏)

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・画像,音声クリップ,映像などを配信するMMSは,2009年まで年平均成長率(CAGR)50%弱で推移する見込み
・携帯電話向けIMを消費者に浸透させるための大きな課題は,業界標準の策定
・エンハンスド・メッセージング・サービス(EMS)は,発展の見込みはほぼ消えている

◎関連記事
「消費者が次の携帯電話機で最も重視する機能は画像メッセージングとPush-to-Talk」,米調査
米Verizon Wireless,テキスト・メッセージング・サービスを28カ国に拡張
「米国の携帯電話ユーザー,54%がモバイル・データ・サービスを利用」,米調査
「2009年のモバイル・データ・サービス市場は1890億ドル強」,米調査
米Cingularと米AT&T Wireless,マルチメディア・メッセージング・サービスを共同提供
「北米のマルチメディア・メッセージング・サービス市場,2009年には54億6000万ドル規模に」,米調査
米AT&T Wireless,音声非対応のモバイル・メッセージング・デバイス「Ogo」を発表
「2007年までに世界の携帯電話ユーザー数は20億人に達する」,米In-Stat/MDRが予測を発表

[発表資料へ]