PR

 米Yahoo!や米Googleなどの大手検索サイトが掲載しているオンライン・ギャンブルの広告をめぐり,カリフォルニア州法違反を審議する裁判が進行することになった。訴訟を起こした原告側弁護団のRothken法律事務所が米国時間6月3日に明らかにした。

 この訴訟は,昨年8月に申請されていたもので,原告側は,検索サイトの「Yahoo!」「Google」「Overture」「Ask Jeeves」「LookSmart」「AltaVista」「Terra Lycos」「Jupiter」「FindWhat」「Kanoodle」「Business.com」「Sex.Com」が違法なギャンブル・サイトの有料広告を掲載して,同サイトへのアクセスにインターネット・ユーザーを導いたとして,カリフォルニア州刑法典の規定および不正取引に関する法律の違反にあたると主張。「悪質なギャンブル・サイトのせいで,未成年者や年配者,貧困者を含むカリフォルニア州居住者が数百万ドルを失った」と述べている。

 原告側の言い分では,これら検索サイトは,積極的にギャンブル・サイトをサポートし,多額の収入を獲得している。例えばYahoo!は,違法ギャンブル・サイトの有料広告で,クリックスルー1回あたり12.97ドル以上を得たという。

◎関連記事
米連邦地裁,米Googleの商標キーワードによる広告表示を合法と判断
米Google,検索キーワードを推測する「Google Suggest」ベータ版を提供開始
米Google,広告主が掲載サイトを選べるサイト・ターゲット広告のベータ・テスト

米Microsoftが有料広告検索サービス「MSN adCenter」をデモ,6カ月以内に試験運用開始
見事なV字回復,米Yahoo!はなぜ復活したのか
「2004年のオンライン広告収入は前年比33%増の96億ドル」,IAB調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査
米Overtureが「Yahoo! Search Marketing」へ改称,広告主向け商品を統括

[発表資料へ]