PR

 米Microsoftは米国時間6月6日に,モバイル向けOS「Windows Mobile 5.0」用の強化機能パック「Messaging and Security Feature Pack for Windows Mobile 5.0」を発表した。「より迅速でダイレクトなメッセージング体験と,セキュリティ管理の強化を実現する」(同社)

 同パックに含まれる「Direct Push Technology」は,電子メールやカレンダ,連絡先といった「Outlook」の情報を,「Exchange Server」から直接Windows Mobile搭載デバイスにプッシュ配信できるようにする。「Word」「Excel」「PowerPoint」の書類や,オーディオおよびビデオ・ファイルをメッセージに添付することも可能。

 Exchange Serverに格納しているアドレス帳に無線経由でアクセスし,連絡先を確認することもできる。

 また,まもなくリリースする「Exchange Server 2003 with Service Pack 2(SP2)」に対応しており,Windows Mobile搭載デバイスに対し,Exchange Server 2003を介してITポリシーの適用と管理をリモートで実行可能。

 すべてのデバイスにID番号とパスワードを割り当ててポリシーを設定したり,デバイスから全情報を削除して初期状態に戻したりできる。正しいパスワードが入力されない場合に,ローカルのメモリーを消去するよう設定することも可能。そのほか,証明書ベースの認証をサポートする。

◎関連記事
米Microsoft,モバイルOSの新版「Windows Mobile 5.0」がRTMに
米MS,企業IMサーバー「Office LCS 2005」をモバイル向けに拡張
米Microsoft,モバイル機器向けビデオ・ダウンロード・サービスを開始
米Microsoft,Officeブランドの通信コラボレーション製品/サービスを発表
米MontaVista,携帯電話向けOS「Mobilinux 4.0」を発表
英Symbian,スマートフォン向けOSの新版「Symbian OS version 9」を発表
米Cingular Wireless,企業顧客向けに米Good Technologyの「GoodLink」を提供
「米国2.5/3Gモバイル・データ・サービス市場,2006年には約15億ドル規模に」,米調査

[発表資料へ]