PR

 米Oracleは,ID管理スイート「Oracle Identity Management」を米国時間6月7日に発表した。同スイートは,同社が3月に買収したセキュリティ・ソフトウエア・ベンダーの米Oblixの技術を統合した初めてのリリースとなる。Oblix社の技術により,ID管理,アクセス管理機能を補完している。

 同スイートは,同社が最近発表した新ブランド「Fusion Middleware」のセキュリティ・バックボーンとしての役割りを果たすもの。Oracle社の技術にOblix社の技術を統合して,異種混在システムのサポートを拡張している。他のベンダー製のオペレーティング・システム,ディレクトリ,アプリケーション・サーバー,アプリケーションを実行するシステムを侵入者から保護する。

 新版では,IBM WebSphereとBEA WebLogicアプリケーション・サーバーのサポート強化,ID情報の連結機能におけるSQL ServerとOracle Databaseのサポート,Microsoft Active DirectoryとMicrosoft Identity Integration Serverのプロビジョニング,.NET,TIBCO,WebSphereのWebサービス・サポートの強化を追加している。

 同社によれば,IT環境の複雑化が進む中で,企業はすべてのシステムに安全なアクセスを提供する包括的なソリューションを求めている。たとえば,IBM社のデータベース,SAP社のアプリケーション,Microsoft社のLDAPディレクトリを実行している企業は,Oracle Identity Managementを導入することにより,単一のソリューションから企業全体のID管理が可能になるという。

◎関連記事
米Oracle,ID管理ソフトウエア開発の米Oblixを買収
米Oracleが主要製品の最新版「10g Release 2」を発表,グリッド対応を強化
米Oracle,製品情報管理ソフト「PIM Data Hub」を発表
米BMC,WebベースID管理の仏Calendraを約3300万ドルで買収へ

発表資料へ