PR

 米Microsoftは,データベース・ソフトウエア「SQL Server 2005」,アプリケーション開発環境「Visual Studio 2005」,電子商取引向けサーバー・ソフトウエア「BizTalk Server 2006」の最終版を11月の第2週にリリースする。Microsoft社が米国時間6月7日に明らかにしたもの。

 同社は,フロリダ州オーランドで開催中の技術者向けセミナーMicrosoft Tech*Ed 2005のなかで,SQL Server 2005のベンチマーク・テスト結果を初めて公開した。HP Integrity SuperdomeサーバーのWindows Server環境でTPC-C値を計測したところ,「SQL Server 2000を38%上回るWindowsプラットフォームでは最高」(同社)の108万2203tpmCを記録した。tpmC単位当たりのコストは5.38ドル。「同環境のOracle 10gに比べ7%高速で,35%低コスト」(同社)

 TPC-Hによる計測では,32プロセサ構成のNEC Express5800/1320Xe上で,SQL Server 2000に比べ4倍弱速い2万261QphHを出した。HP Integrity rx8620とBull NovaScale 5160によるTPC-Hの結果も合わせると,SQL Server 2000より最大162%高速という結果を得た。Oracle 10gと比べると,処理速度は38%高く,クエリ当たりの価格は20%やすいという。

 同社は,SQL Server 2005のコミュニティ技術プレビュー6月版(June CTP)の提供をWebサイトで開始した。

 さらに,Oracle環境からSQL Serverへの移行を推進するため,移行支援ツール「SQL Server Migration Assistant」の提供も行っている。「ブラジルAtento BrasilとカナダTransCanadian Pipelinesが同ツールを使ってSQL Server 2000に移行したところ,手作業と比較して最大80%の負荷軽減になった」(Microsoft社)。同ツールは同社のWebサイトから無償ダウンロードできる。

 なお,既に8社の企業がSQL Server 2005を実際の業務で使用している。Microsoft社は「さらに20社以上が最終版リリースまでに導入する」と見込む。

 また同社は同日,アプリケーション開発プラットフォーム「.NET Framework」向けの無線ICタグ(RFID)技術インフラについても発表した。同社はTech*Ed 2005で同インフラのデモンストレーションを行った。

 同インフラを利用すると,同社のRFID技術をサードパーティ製アプリケーションに組み込むことや,RFIDデータを使ったビジネス・プロセスの統合作業が容易になるという。アプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)と.NET用ツールも用意しており,「さまざまな用途を持つ,特定分野向けの垂直ソリューションを迅速に開発できる」(同社)。

◎関連記事
米Microsoft,「Visual Studio 2005」ベータ2版や「SQL Server 2005」CTP 4月版を公開
米Microsoftが「Visual Studio 2005」の価格を発表,「Standard Edition」は299ドル
米Microsoft,次期データベース「SQL Server 2005」の製品構成と価格を発表
米Microsoft,「BizTalk Server 2004」の一般提供を4月1日に開始
米MicrosoftがRFID技術検討団体を結成,米Accentureなどが参加
「2008年には,現在の約3倍のBI担当者が必要」,米Gartnerの調査
「2004年のRDBMS世界市場は11.6%成長,トップ5ベンダーは前年と変わらず」,米調査
「RFIDタグ市場は2009年に30億ドル規模へ」,米In-Stat

[発表資料(SQL Server 2005など)]
[発表資料(RFID用技術インフラ)]