PR

 米Apple Computerは,同社のWebブラウザ「Safari」でベースにしているフレームワーク「Webkit」をオープンソース化する。同社Safari担当エンジニアのDavid Hyatt氏がブログで米国時間6月7日に明らかにした。

 Webkitオープンソース・プロジェクト(WebKit Open Source Project)の開始に伴い,Webkitをはじめ,Safariのブラウジング・フレームワーク「WebCore」とスクリプト・フレームワーク「JavaScriptCore」に関する情報を提供するWebサイトを開設した。

 Webkit,WebCoreおよびJavaScriptCoreは,KDEプロジェクトのレンダリング・エンジンKHTMLとKJSをベースにしている。米メディアの報道(CNET News.com)によると,この数カ月間,KHTML開発者からApple社に対し,Safariの開発が不透明だとする不満の声が挙がっていた。

 WebKit Open Source Projectでは,CVS(Concurrent Versions System)リポジトリを提供し,WebCoreとJavaScriptCoreの過去および現在のパッチなど,プロジェクトの完全な履歴にアクセスできるようにする。Webkitも同リポジトリで公開する。

 これらフレームワークのバグは,bugzilla.opendarwin.orgで追跡する。bugzilla.opendarwin.orgでは,バグの報告,閲覧,パッチ取得,修正のテストなどが行える。

 また同社は,WebKit Open Source Projectのメーリング・リスト(webkit-dev@opendarwin.org)とIRC(#webkit on irc.freenode.net)も立ち上げた。

◎関連記事
米Apple,Mac OS Xの次期メジャー・バージョン「Tiger」と「Tiger Server」を4月29日に発売
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
「Firefoxの市場シェアが10%を超え,Netscapeは衰退」,米調査より
ノルウェーOpera Software,Webブラウザ「Opera 8.0」の正式版を公開
IE 7.0はタブ付きブラウジング機能を搭載 
ブラウザを乗り換えるとき引き継げる情報は?
Mozilla Firefox次期版「Deer Park」アルファが公開,パスワードなどを一括消去する新機能

[Hyatt氏のブログ記事]