PR

 米NPD Groupは米国時間6月7日,消費者による音楽ダウンロード・サイトの利用状況について調査した結果を発表した。それによると,米Apple Computerの有料音楽配信サイト「iTunes Music Store」の利用世帯数が,無料で音楽ファイルを交換できるPtoP(ピア・ツー・ピア)サイトに肉薄する勢いだという。

 2005年3月に,利用世帯数が最も多かったのは「WinMX」で210世帯。iTunes Music Storeの利用世帯数は170万世帯で,「LimeWire」とともに2位につけた。

■ 利用世帯数による音楽ダウンロード・サイトのトップ10(2005年3月)

 1. WinMX(210万世帯)
 2. iTunes Music Store(170万世帯)
 3. LimeWire(170万世帯)
 4. Kazaa
 5. BearShare
 6. Ares Galaxy
 7. Napster
 8. Morpheus
 9. Real Player Store
 10. iMesh

出典:NPD Group社

 NPD社Music and Movies部門担当社長のRuss Crupnick氏は,「音楽業界は常々,有料のダウンロード・サイトが無料のPtoPサイトと互角に競争できるのはいつになるかと注目していた。しかし,iTunes Music Storeはいまや,多くのPtoPサービスを上回る人気ぶりだ。また,NapsterとReal Player Storeの利用世帯数もクリティカル・マスを獲得しており,有料音楽配信サイトはその競争力と採算性を証明できた」と述べる。

 2005年3月に,有料音楽配信サイトを利用した世帯数はインターネット利用世帯の4%で,その多くは30歳以上のユーザーだった。NPD社は,レコード業界による著作権侵害行為防止キャンペーンが奏功し,年齢の高いユーザー層によるPtoPサービスの利用が減少していると分析する。

 「PtoPによる違法な音楽ファイル交換をめぐる法的な問題が取り沙汰されるにつれ,大卒の可処分所得がより多いユーザー層が,有料の音楽配信サイトを積極的に利用するにようになった」(Crupnick氏)

◎関連記事
RIAAがファイル交換サービス・ユーザーを相手取り261件の訴訟,米Verizonが非難のコメント
インターネット・ユーザの7人に1人は「もう音楽ファイルをダウンロードしない」,米調査
75%が「個人利用目的の音楽ダウンロードは罪にならない」
「音楽販売は減少の一途,ただしファイル共有サービスが大きな要因ではない」,米調査
「音楽販売の低迷はダウンロード・サービスが要因,しかし消費者の意識に変化も」,米調査より
「音楽の有料配信,2004年は米国以外でも拡大」--国際レコード産業連盟が調査
「これまでダウンロードされた違法音楽ファイルは7500万件」
PtoPビジネスに暗雲??「日本版ナップスター」差し止めが意味するもの

[発表資料へ]