PR

 コンサルティング会社の米DiamondCluster Internationalは米国時間6月6日に,ITアウトソーシング・サービスの世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,オフショアのアウトソーシング・サービス・プロバイダに不満を抱く企業が増えているものの,オフショア・アウトソーシング予算を縮小する予定の企業はわずか7%だった。

 調査は,Global 1000企業のIT役員210人とアウトソーシング・サービス・プロバイダの上級幹部242人を対象に,2004年終盤~2005年初頭にかけて実施した。

 期限より早くアウトソーシング契約を打ち切った企業の割合は51%で,前年の調査と比べ倍増した。オフショア・アウトソーシング・サービス・プロバイダに対する満足度は,前年の79%から62%に急落した。

 DiamondCluster社のTom Weakland氏は,「これは,プロバイダだけの責任ではない」と述べる。「多くの企業は,1社以上のアウトソーシング・サービス・プロバイダを使うようになって数年経つ。しかし,いまだに,アウトソーシングの成果を測定する手段を確立していない。アウトソーシング市場の将来は,アウトソースする側が,ITスタッフを戦略的に配置する能力と,適材適所にリソースを割り当てているか測定する手段を持っているかどうかにかかっている」(同氏)

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・アウトソーシング・サービスを利用する理由として,83%の企業が「より重要な部署に社内リソースを配置できるため」と回答

・今後3~5年で,一部のIT業務を中国にアウトソースする予定の企業は40%(昨年の割合は8%)

・アウトソーシング・サービスの利用については,企業の88%が「従業員の反発」を懸念

◎関連記事
「2005年世界のアウトソーシング市場は前年比8%増の1337億ドル規模へ」,米Gartner
「米国就業者の約7割がオフショア・アウトソーシングによる失業を心配せず」,米調査 
「米国企業のオフショア・アウトソーシング支出は今後12~24カ月で約25%増加」,米IDCの調査
「米連邦政府のITアウトソーシング支出,今後5年で55%拡大」,米調査
「アウトソーシングはITサービス市場の成長源,2007年には市場全体の56%を占める」,米調査
米HP,5000万ドルを投じてポーランドにアウトソーシング・センターを新設へ
米Accentureと英BTが人事管理アウトソーシング契約を拡大,総額5億7500万ドル
「コール・センターのオフショア・アウトソーシング,英国企業の76%がサービス品質に不満」

[発表資料へ]