PR

 米Microsoftは米国時間6月8日,欧州向けの「Windows Media Player」を搭載しないOS「Windows XP Home Edition N」「同Professional N」を6月15日にリリースすることを明らかにした。同OSは,欧州連合(EU)の独禁法当局である欧州委員会(EC)の是正命令に従ったもの。英語,フランス語,ドイツ語,イタリア語,スペイン語対応バージョンをコンピュータ・メーカー向けに提供する。小売店やボリューム・ライセンスなどのチャネル向けには,7月1日に利用可能とする。

 チェコ語,デンマーク語,オランダ語,フィンランド語,ギリシア語,ハンガリー語,ノルウェー語,ポーランド語,ポルトガル語,スウェーデン語対応バージョンのリリースは,コンピュータ・メーカー向けが7月1日,その他のチャネル向けが7月15日となる予定。

 ECは,Microsoft社が欧州市場におけるパソコンOSの独占的立場を悪用してサーバーOSやメディア・プレーヤの販売に関して欧州の独占禁止法に違反したと判断し,2004年3月24日に,4億9720万ユーロの制裁金を始め,Windowsのインタフェース情報の開示,Windows Media Player非搭載版OSの提供などを命じる制裁措置を発表した。

 Microsoft社は2005年1月に,Windows Media Player非搭載版OSの名称候補9件をECに提出したが,ECは9件すべてを却下し,Windows XP Home Edition Nと同Professional Edition Nを提案。同社は3月に,この名称を受け入れるとともに,機能変更などに関するECの条件を承諾した。

 コンピュータ・メーカーやエンド・ユーザーは,Windows XP Home Edition Nおよび同Professional Nに,他社製のメディア・プレーヤをインストールできる。同社は両OSのCDを,先週ECに提出したという。

 ちなみに同社は,ECの裁定遵守に関する書類を6月6日に提出している。世界規模の互換性実装や新たなロイヤリティ体系など「数多くの譲歩を提示した」(同社)としている。

◎関連記事
米Microsoft,ECの裁定遵守で世界規模の互換性実装や新たなロイヤリティ体系を提示
米Microsoft,Media Player非搭載による「Windows XP」の機能変更などを承諾
「Windows XP N」で決着,Media Player非搭載版の名称
ECによる米MSへの制裁措置が執行へ,業界から賛否両論の声
ECが対米Microsoftの制裁措置を正式発表,罰金4億9720万ユーロ
「米Microsoftによる独占状態は国防上のリスクを増す」,CCIAの調査
「米国特許制度を改正すべき」,米Microsoftが改善プランを提案
EU閣僚理事会がソフトウエア特許指示草案を承認

[発表資料へ]