PR

 米Oracleと,リアルタイム・データ管理ソフトウエアを手がける米TimesTenは,Oracle社によるTimesTen社の買収について最終合意に達した。両社が米国時間6月9日に明らかにしたもの。買収手続きは2005年7月末までに完了する見込み。ただし,買収金額など詳しい取引条件については公表していない。

 TimesTen社は,カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く未公開企業。電気通信,ネットワーク,証券取引など向けのイベント/トランザクション/データ管理ソフトウエアを提供している。同社の技術を利用すると,リアルタイムに課金や株取引,コール・センター業務などが行えるようになるという。

 主な顧客には,米Amdocs,米Aspect Communications,米Avaya,米Cisco Systems,スウェーデンEricsson,米JP Morgan,米Lucent Technologies,NEC,フィンランドNokia,米Sprint,米United Airlinesがある。

 「当社の顧客の多くは,既にOracle社のプラットフォーム上でシステムを動かしている。業界トップのOracle社製データベース/ミドルウエアを我々の技術と組み合わせることで,応答性,拡張性,堅牢性,安全性が極めて高いソリューションを提供できる」(TimesTen社CEOのJim Groff氏)

◎関連記事
「企業のIT予算は今後12カ月間で4.8%増加」,米調査
「2004年RDBMSの世界市場は10.3%成長,売上高は米IBMと米Oracleがほぼ互角」米調査
「ERPベンダー統合が進み,独SAPと米Oracleは圧倒的な存在に」,米調査
独SAP,地歩強化を図り米IBM/独Siemens/米Macromediaと提携
「2004年のアプリ統合/ミドルウエア/ポータルの世界市場,首位は米IBM」,米調査
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測
ホリデー・シーズン最初の週末,クレジットカード処理件数が前年より9%増加
「WebサービスによりEAIの必要性が低下」,米Evans Dataの調査

[発表資料へ]