PR

 米Microsoftはグラフィックス・ソフトウエア「Acrylic」(開発コード名)のベータ版を公開した。同社WWWサイトからダウンロードできる。イラストレーション,ペインティング,グラフィック・アート用のツールで,印刷,Web,ビデオ,インタラクティブ・メディアのデザインに向ける。

 Acrylicベータ版の対応OSは「Windows XP with Service Pack 2」以降のWindows。動作周波数733MHz以上のCPU(米Intelの「Pentium 4」を推奨),256Mバイト以上のメモリー(512Mバイトを推奨),解像度800×600ピクセル(1024×768ピクセルを推奨)の24ビット・カラー・スクリーンを装備したシステムで利用可能。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Acrylicは,同社が2003年に中国のCreature Houseから取得したグラフィックス・ツール「Creature House Expression」の技術をベースにしている。Creature House Expressionは,2004年5月以来,無償で提供されている。

 なお,Acrylicベータ版の有効期限は2005年10月1日。正式版のリリース予定については明らかにしていない。

◎関連記事
変ぼうする米Adobe,DTPベンダーから電子文書ベンダーへ
米Adobe,デザイン/出版業務向けスイートの新版「Creative Suite 2」を発表
米Adobe,PDF処理ソフト・ファミリの新版「Acrobat 7.0」を発表
米Adobe,生デジタル写真ファイルの統一仕様を発表
米Microsoft,「Longhorn」でRAWファイル形式に対応,キヤノン,ニコン,富士写などが協力
米HPが写真出力用プリンタなどを発表,「2005年は写真市場全般に向けて新製品を投入」
米HPがプリンタ事業とPC事業を統合,「効率化,製品開発加速,競争力強化が目的」

[Acrylicのサイト]