PR

 米Red Hatが支援するオープンソース・ソフトウエア団体Fedora Projectは,最新版のLinuxディストリビューション「Fedora Core 4」を公開したことを米国時間6月13日に明らかにした。Red Hat社のWebサイトなどから無償でダウンロードできる。bittorrentによる入手も可能。

 Fedora Core 4は,Linuxカーネル2.6.11をベースにする。GCC 4.0を採用し,Gnome 2.10,KDE 3.4,OpenOffice 2.0プレリリース版,Eclipse 3.1M6,MySQL 4.1,Xen 2,PHP 5.0などを収録する。x86-64およびi386に加え,PowerPC(PCC)へのサポートも追加した。

 なお,Red Ha社は6月3日に,Fedora Projectを「Fedora Foundation」として独立させる計画を明らかにしている。

 ちなみに,Debian Projectが「Debian GNU/Linux 3.1」(開発コード名「sarge」)を6月6日にリリースし,米Novellが4月に「SUSE LINUX Professional 9.3」の配布を開始している。

◎関連記事
米Red HatからFedora Projectが独立へ,ソフト版クリエイティブ・コモンズを提唱
米Red Hatのデスクトップ戦略とは――狙いはやはり企業市場
Debian GNU/Linuxが3年ぶりにバージョンアップ,OpenOffice.orgを標準採用
米Novellの家庭向けLinux新版,基本アプリのほか「Xen」などのプレビューも付属
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査
オープンソースで育て! 日本のソフト開発力
【Linuxウォッチ】変貌するオープンソース・コミュニティ

オープンソースに学ぶべき点はコミュニティ」--米Microsoft Linux/OSS戦略担当 Bill Hilf氏

[Fedora Projectのホーム・ページ]
[発表資料]