PR

 米SanDiskは,記憶容量32MバイトのUSB 2.0対応フラッシュ・ドライブ「Cruzer Mini」を同社の低価格のフラッシュ・ストレージ製品シリーズ「Shoot & Store」に追加して提供する。同社が米国時間6月14日に発表した。同製品は12.99ドルで6月中に提供が開始される予定。

 Shoot & Storeシリーズは,エントリ層向けに低価格で提供される製品シリーズ。2004年2月から全米の量販店,スーパーやドラッグ・ストアにおいて,使い切りを目的とした低価格なフラッシュ・メモリーを提供してきた。

 同社消費者/ハンドセット事業担当副社長兼ジェネラル・マネージャのNelson Chan氏は,「今回,Shoot & Storeシリーズ製品を使い切りのデジタル・フィルム・カードからCruzer Mini製品まで拡張させたことにより,これまでの家電チャネルではアピールできなかったシニア,ティーン,女性といった新しい層の消費者へのアピールを狙う」としている。

 同氏は,「当社が,このような低価格でUSBフラッシュ・ドライブをスーパーやドラッグ販売チャネルにおいて提供することは,デジタル技術が消費者生活の一部になったことを強調するものである」と説明している。

 同社は2003年7月にCruzer Miniを発表し,128Mバイトと256Mバイトの2モデルをそれぞれ49.99ドルと79.99ドルで提供していた。

◎関連記事
米SanDisk,指紋認識搭載のUSBフラッシュ・ドライブ「Cruzer Profile」を発表
米SanDiskが,新しいメモリー・カード製品群を発表
米SanDisk,口紅サイズのUSBフラッシュ・ドライブ「Cruzer Mini」を発表

発表資料へ