PR

 米ChangeWaveは米国時間6月14日,検索市場における二大勢力,米Googleと米Yahoo!について調査した結果を発表した。両社はインターネットの世界で相手より優位に立とうと,さまざまな製品やサービスで熱戦を展開しているが,両社それぞれに強みがあり,決着がつくまでしばらくかかる見通しだという。

 ChangeWave社が有職者1440人を対象にアンケートを実施したところ,検索エンジンとして主にGoogleを利用するユーザーは78%,Yahoo!を利用するユーザーは14%だった。またツールバーとしても,Googleの利用者(38%)がYahoo!(28%)を上回った。

 しかし,ホームページを集めたポータル・サイト,またニュースや情報収集のためのサイトとしてはYahoo!の人気が高く,Yahoo!が32%,Googleが5%だった(MSNは10%,CNNは8%)。電子メールサービスにおいても,「Yahoo! Mail」が18%,「Gmail」が5%と,Yahoo!社が優勢だった。

 両社の年間売上高はほぼ互角である。Yahoo!社の過去12カ月間の売上高は40億ドルで,Google社は38億ドル。しかしウオール・ストリートのアナリストは,2005年におけるGoogle社の株価が好調なことから,同社がYahoo!社を抜くと推測している。

 1年前と比べ,Google社の製品やサービスをより頻繁に利用しているか尋ねたところ,「利用している」ユーザーは52%,「利用していない」ユーザーは1%だった。Yahoo!社の場合,1年前と比べより頻繁に「利用している」ユーザーが31%,「利用していない」ユーザーが8%だった。

 また,これから1年間の利用頻度については,Google社のサービスをより頻繁に「利用する」ユーザーが38%,「利用しない」ユーザーが1%だったのに対し,Yahoo!社は「利用する」が20%,「利用しない」が4%だった。

 ユーザーの満足度に関して,両社は肩を並べている。Yahoo!社のサービスに「満足している」ユーザーが94%,「満足していない」ユーザーが6%。Google社は「満足している」が97%,「満足していない」が3%だった。しかし,お気に入りのWebサイトを尋ねたところ,「Yahoo!」が32%,「Google」が17%と大きな差がついた。

◎関連記事
Web実態調査で,MSとYahoo!がGoogleとの差を詰める
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提
米Google,検索キーワードを推測する「Google Suggest」ベータ版を提供開始
米Google,デスクトップ検索アプリ「Google Desktop Search」のベータ版を提供開始
Yahooがデスクトップ検索ツールを準備中
米MicrosoftがGoogle対抗のWebブラウザ用ツールバーを公開

[発表資料へ]