PR

 米Yahoo!がIPテレフォニの米Dialpad Communicationsを買収した。Dialpad社が米国時間6月14日に発表したもの。買収金額は明らかにしていない。Yahoo!社は,Dialpad社のIPベースのサービスを利用し,自社の通信商品やネットワークにおける音声サービスの強化を図る。

 「両社の強みを持ち寄ることで,急成長するIPテレフォニ市場の波に乗り,幅広い魅力的な新サービスを構築する」(Dialpad社)

 Yahoo!社はインスタント・メッセージング(IM)サービス「Yahoo! Messenger」で最近強化を図ったパソコン間通話機能に,Dialpad社のPSTN通話機能を取り入れる計画である。

 Dialpad社の既存ユーザーは,引き続き同様のサービスを利用できる。すべてのサービスに対するサポートも,しばらくのあいだDialpad社が継続する。プリペイド・プラン,月極プラン,北米向け無制限プラン,欧州向けディスカウント・プランを利用するユーザーは,継続利用および更新が可能。プリペイド・カードは,現在手持ちの通話度数が終わるまで使えるが,6月13日以降の追加入金および新規購入は受け付けていない。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,「両社の技術を組み合わせたサービスは,数カ月以内に一般向けに利用可能とする」(Yahoo!社広報担当のTerrell Karlsten氏)。ちなみにDialpad社のIPテレフォニ・サービスは911(緊急通報)やコレクト・コールには対応していない。

◎関連記事
次期「Yahoo! Messenger」の公開ベータ版,パソコン間通話などVoIP機能を強化
10周年を迎えた米Yahoo!が次の10年に目指すもの
米AOL,IP電話サービスを米国40都市以上で提供開始
「2009年には米国家庭の10%にあたる1210万世帯がVoIPを利用」,米調査
1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威
ルクセンブルクSkype,ボイスメール・サービス「Skype Voicemail」を正式に開始
固定/携帯電話からのIP電話着信が可能な「SkypeIn」,公開ベータ・サービスを開始
人気沸騰のインターネット電話「Skype」,日本で使うメリットはあるか?

[発表資料へ]