PR

 米ABI Researchが,Wi-Fi対応LSIに関する調査結果を米国時間6月16日に発表した。それによると,2005年第2四半期において市場シェアが最も高かったのは米Intelで,米Broadcomや米Atheros Communicationsを引き離したという。

 ABI社は「年々ノート・パソコンの販売台数が急増するのにともない,ノート・パソコン市場におけるWi-Fiの普及も進んでいる」と述べる。

 「Intel社がIEEE802.11gや同a/g対応製品を投入する以前は,Broadcom社とAtheros社がノート・パソコン向け同802.11gおよび同a/g市場の大半を押さえていた。ところがIntel社は,『Centrino』のブランド知名度を活用し,有利にマーケティングを展開できた」(ABI社無線コネクティビティ担当上級アナリストのPhilip Solis氏)

 しかしSolis氏は「現在のところIntel社は,Mini-PCIスロット用の製品しか提供していない」と指摘する。「競合他社は,無線アクセス・ポイント用のLSIと,拡大しつつある家電品や携帯電話機向けのLSIを提供している。Intel社も製品を多様化しないと市場シェアが頭打ちとなり,Broadcom社,Atheros社,米Marvell Semiconductor,米Texas Instruments(TI)などが伸びるだろう」

◎関連記事
「2005年Q1の無線LAN装置,売上高20%増で出荷台数は過去最高」,米調査
「無線LAN半導体の世界市場,2009年までの年平均成長率は21%」,米調査
「米国政府機関の無線ネットワークは安全対策が不十分」,米調査
「Wi-Fi VoIP端末の世界市場は2009年まで堅調に成長」,米Infoneticsの調査
「Wi-Fiサービス事業の利益は以前の予測ほど伸びない」,米調査
「2004年Q3のWi-Fiハードウエア市場は9%拡大,Wi-Fiスイッチの売上高は80%増」,米Infonetics
「セキュリティの向上に伴い普及が進む無線LAN,注目分野は無線VoIP」,米調査
「ノートPCへの無線ネット普及率は2006年に37%,仕事の満足度に影響」

[発表資料へ]