PR

 米MasterCard Internationalは,クレジット・カード情報の流出について,米国時間6月17日に明らかにした。4000万人分以上のデータが漏えいした可能性があるという。そのうち約1390万枚分がMasterCardブランドのカードで,同社は加盟金融機関に連絡をとっている段階である。

 同社によると,情報の流出源は,金融機関などからカード決済を請け負う米CardSystems Solutions。MasterCard社は,銀行,当局,およびCardSystems社と協力して,直ちに調査を開始し,カード所有者情報への不正アクセスの原因となったCardSystems社システムの脆弱性の修正に取り組んだ。

 MasterCard社は,カード発行元である銀行に通知し,カード所有者への保護対策を呼び掛けている。もし,クレジット・カードが不正利用された場合,「当社利用者は銀行に連絡すれば保護される」(同社)。なお,社会保障番号や生年月日といった機密性の高い個人情報は,同社カードには記録していない。

◎関連記事
「2004年米企業の機密情報漏洩による損害は1330億ドル」,米Provizio
「個人情報漏洩の損害賠償額は1人1万5000円程度になる」,マイクロソフトが講演
米LexisNexisで個人情報の流出,3万2000人分の社会保障番号などが漏えい
信用調査会社米ChoicePointの個人情報流出,対象は約14万5000人に拡大
「事件の証拠を残し不要なデータは消去する」,情報漏洩を防ぐ三つの機能
米スタンフォード大学,就職情報システムから個人情報流出のおそれ
PC盗難で患者18万人以上の個人情報が漏えい,加州の医療機関
米Bank of America,米政府用法人クレジットカードの顧客情報を紛失

[発表資料へ]