PR

 米America Online(AOL)傘下の米Netscape Communicationsは,Webブラウザ「Netscape 8.0」の修正版「Version 8.0.2」を公開した。米メディアの報道(CNET News.com)によると,Netscape社は米国6月16日に修正版の提供を開始したという。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 Version 8.0.2では,「Microsoft Internet Explorer(IE)」のXMLレンダリング機能が異常になる問題を解決した。そのほかの修正内容は以下の通り。

・ユーザー・エージェント文字列に関するすべての問題と不整合を修正
・履歴同期に関する複数の問題を修正
・Tridentレンダリング・エンジン組み込みに関する問題を解決
・クラッシュする問題を解決
・処理速度の向上

 対応OSはWindows XP/2000/98 SE/ME。Tridentレンダリング・エンジンを使用する場合はIE 6.0が必要。

◎関連記事
「Netscape 8でIEのXMLレンダリングが異常になる」,米Microsoftがアンインストールを呼びかけ
「Netscape 8.0」,正式版公開の数時間後にセキュリティ・アップデート
米Netscapeが「Netscape 8.0」正式版を公開,フィッシング/ウイルス対策を強化
「ブラウザ・ベースのファーミング攻撃が2年前と比べ約倍増」,CompTIAの調査
米Microsoft,「Longhorn」用「IE 7」にマルウエアの動きを制限する機能を搭載へ
「5月のFirefoxのシェアは8%強,IEが前月比0.77ポイント縮小」,米調査
ダークホースIE 7の予想される姿
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦

[発表資料(リリースノート)]