PR

 米IDCは,飛行機内の携帯電話使用に対する意識調査を米国時間6月20日に発表した。それによると,飛行機内での携帯電話利用について「通話してもよい」という意見は11%で,64%は「通話以外であれば認める」と述べた。

 「一部の消費者は,飛行機内での携帯電話利用が面倒を引き起こす可能性を懸念している」(IDC)

 調査はIDCと米SMS.acが,共同で5万人にアンケートを実施したもの。米連邦通信委員会(FCC)は飛行機内の携帯電話使用の解禁を検討しており,これが現実化すれば,無線通信業者や飛行機会社にとって,モバイル・コマースの市場展開,データ利用および加入者1人当たりの平均売上高(ARPU)の増加など,新たな商機が生まれることになる。

 飛行機内での無線サービス(11種類)のうち,「最も興味のある」あるいは「最も使用する可能性がある」ものはテキスト・メッセージング(SMS)だった。対話性の高いサービスほど,関心を集める傾向にある。

◎関連記事
米セルラー通信工業会がFCCに意見書,航空機内の携帯電話使用解禁に懸念
米Connexionと英Vodafone,機内無線ネット接続サービスの試験運用を開始へ
米Connexion,機内向け無線ネット接続サービスの提供でシンガポールStarHubと提携
NTTコム,米Connexionの機内向けネット接続サービスとローミング可能に
米iPassと米Connexion by Boeing,機内向け無線インターネット接続サービスで提携
アジア初のブロードバンド対応旅客機,成田を離陸
ホットスポットが国際線機内に広がる、NTTドコモと米ボーイングが提携
日本航空と米Connexion,東京-英国間で「初めて」の機内ネット接続サービス

[発表資料へ]