PR

 米Microsoftのインターネット事業MSNは6月20日,検索サービス「MSN Search」において,米国の地域情報を検索できる「Local Search」サービスのベータ版の提供を開始した。MSNが同日,明らかにしたもの。「ユーザーは,検索対象範囲を絞り込んで特定地域の企業や居住者を検索し,関連Webサイトや地図などをすばやく入手できるようになる」(同社)

 MSN Searchの検索画面に追加された「Local」カテゴリを選択すると,指定したエリアのイエロー・ページおよびホワイト・ページ(職業別電話帳)のデータをもとに検索結果を提供する。また,同社の地図情報Webサービス「MapPoint Web Service」を利用して,対象エリアの地図上に検索結果を番号付きピンで表示するほか,同社の「TerraServer-USA」データベースに該当するデータがあれば,航空写真も掲載する。

 同社によると,Local Searchは,今年2月に発表した位置情報に基づいた検索機能「Near Me」をさらに進化させたものという。

 MSNはまた,同社のMapPointチームが開発中の「Virtual Earth」サービスをLocal Searchに統合する予定。Virtual Earthは地図と衛星写真を使ったサービスで,1つの地図上に天気や交通情報なども表示できる。また場所によっては,その地域を視覚的に把握しやすいように,斜め45度から撮影した航空写真も提供する。同社は,Virtual Earthサービスを年内に開始する予定。

 Microsoft社MSN Search担当副社長のChristopher Payne氏は,「当社は,最先端をゆく地域情報の検索サービスを提供するために多大な投資を行っており,Local Searchのベータ版はその手始めに過ぎない。Virtual Earthを加わえることで,地域情報検索を新たな次元に引き上げる」と述べている。

◎関連記事
米Microsoft,位置情報サービス向けサーバー「MapPoint Location Server」を発表
英Multimap,米Microsoftの地図情報Webサービス「MapPoint Web Service」を販売
米Amazon.com子会社,新検索サイト「A9.com」を開設,検索履歴などパーソナル化が可能
米A9.com,地域の通りを「バーチャルで歩き回れる」新サービスを発表
米Google,地域の情報を検索できる新サービス「Google Local」を開始
米Yahoo!,地域情報検索サイト「Yahoo! Local」を正式にスタート
米AOL,地域情報検索サービス「Local Search」を開始
「米Googleなどの地域向け検索サービスが地方新聞の広告にダメージを与える」,米調査

[発表資料へ]