PR

 米Lucent Technologiesは,高速パケット通信技術High-Speed Downlink Packet Access(HSDPA)の中国における実地テストを完了した。同社が中国で現地時間6月22日に明らかにしたもの。中国のChina Netcomが上海に設置したW-CDMA(UMTS)対応トライアル・ネットワーク上で,テレビのライブ放送やビデオ・オンデマンド配信などのデモを行ったという。

 テストでは,HSDPAをサポートするLucent社のベース・ステーション「Flexent OneBTS」をはじめ,「Flexent Radio Network Controller」「Flexent Serving GPRS Support Node」「Gateway GPRS Support Node」を使用した。

 HSDPAは最大7.6Mbpsのデータ通信が可能だが,既存の携帯電話では1.8Mbpsが限度である。将来的には,「理論上の最大速度である14.4Mbpsを目指す」(Lucent社)としている。

 Lucent社グローバル・モビリティ研究開発部門バイス・プレジデントのMary Chan氏は,「引き続きサービス・プロバイダと協力し,魅力的なモバイル・ブロードバンド・サービスを中国の消費者および企業に提供してきたい」と述べた。

◎関連記事
米Cingular Wireless,高速サービスHSDPAを含む全米向け3G携帯サービスの展開で米Lucentと4年間契約
米Lucent,中国南京の3G研究センターに7000万ドルを追加投資
中国のモバイル市場は「1年で日本一国分が増える」
「中国の3G携帯電話加入者,2008年には1億1800万人に」,米In-Stat/MDRの調査
米Motorolaが中国に3G開発センターを新設,HSDPA向け技術開発に注力

加Nortel,中国市場向け3Gの合弁会社設立で中国普天と協定
「米国2.5/3Gモバイル・データ・サービス市場,2006年には約15億ドル規模に」,米調査
「2005年には携帯電話ユーザーの41%が無線データ・サービスを頻繁に利用」,米調査

[発表資料へ]