PR

 米In-Statが,米国の家庭向け通信サービス市場に関する調査結果を米国時間6月22日に発表した。それによると,同市場は今後数年にわたって悪化の一途をたどり,2004年に1148億ドルあった市場規模が,2009年には1067億ドルまで縮小するという。

 In-Stat社は市場停滞の要因を,「音声およびダイヤルアップ・サービスの売上高が減少し,拡大中のケーブル・テレビとブロードバンド・サービスを下回るため」と分析する。

 ただし同社は「将来ブロードバンド・サービスは,収益を大きくけん引するようになる」とみる。ブロードバンドの普及率は,2004年の28.6%が,2009年末には50%近くに増えると見込みだ。

 「ダイヤルアップからブロードバンドへの移行は,サービス・プロバイダにとってよいニュースといえる。それは,ブロードバンド・サービスの月額料金がダイヤルアップよりかなり高い状態で推移するからだ。2004年の売上高は,ブロードバンドが137億ドル,ダイヤルアップが109億ドルだった。収入源としてみると,既にブロードバンドがダイヤルアップを追い越している」(In-Stat社アナリストのAmy Cravens氏)

 なお同社は,「2009年には,ブロードバンド・サービスの年間売上高がダイヤルアップより150億ドル以上多くなる」と予測する。

◎関連記事
「米国オンライン人口は成熟期に,家庭ブロードバンドの普及が拡大」,米調査
「2005年2月のインターネット利用時間,米国が2%減少」,米調査
「世界DSLユーザーが2月に1億人を突破」,業界団体の調査
情報通信技術を最も活用している国はシンガポール,米国は5位,日本は8位
「2005年は電源線を介した広帯域接続が飛躍する」,米調査
「無線ブローバンド技術WiMAX,2009年までにおよそ850万人が利用へ」,米In-Stat
ブロードバンド利用世帯が5割に迫る、インターネット白書2004より
日本のブロードバンドは世界一安い,ただし全国の6分の1は未整備

[発表資料へ]