PR

 米Oracleは,元米MicrosoftのCFOであるGregory B. Maffei氏(45歳)を同社社長に迎えたことを,米国時間6月24日に明らかにした。同氏は,7月より,最高財務責任者(CFO)を兼務し,法務,人事,製造,流通,世界不動産事業で舵を取る。

 同氏は,1993年にMicrosoft社に入社し,1997年7月~2000年1月にCFOを務めた。また,1999~2002年は,Microsoft社傘下のオンライン旅行事業Expedia社の会長でもあった。

 直近では,ブロードバンド・サービス・プロバイダの米360networksで会長兼CEOとしてリストラ策を推進し,負債の完済に尽力した。米Electronic Artsおよび米Starbucksの役員でもある。

 Oracle氏CEOのLarry Ellison氏は,「Maffei氏は,ソフトウエアと通信業界で豊富な経験を持っており,並はずれて優秀な幹部だ。当社の上級役員全員が,同氏とともに働くことを楽しみにしている」と述べた。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,同社では,3月にHarry You氏がCFOを退任して以降,同社社長のSafra Catz氏がCFO職を兼務していた。

◎関連記事
米Oracle,米PeopleSoft統合にともなう製品ロードマップを明らかに
オラクルはなぜピープルソフトを買うのか
日本ピープルソフトが新製品を発表、統合後の継続サポートを強調
「ERPベンダー統合が進み,独SAPと米Oracleは圧倒的な存在に」,米調査
独SAP,米Oracleや米Siebelなどの競合各社から上級幹部を採用
「米Microsoftと独SAPの間に合併計画の協議があった」,両社が特例で発表
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測
元米PeopleSoft創設者,企業アプリケーションの新会社設立へ

[発表資料へ]