PR

 米Sun Microsystemsと米SeeBeyond Technologyは米国時間6月28日に,Sun社がSeeBeyond社を買収することで最終合意に達したと発表した。これによりSun社は,「エンタープライズ・アプリケーションおよびサービス指向アーキテクチャ(SOA)の開発,導入,管理に向けた包括的な製品提供を目指す」としている。

 合意条件のもと,SeeBeyond社の株主は1株当たり4.25ドルを受け取る。買収総額は約3億8700万ドルにのぼるという。Sun社によると,SeeBeyond社の年間売上高は約1億6700万ドルで,世界に2000社の顧客を抱えている。

 Sun社会長兼CEOのScott McNealy氏は,「SeeBeyond社の買収は,次の波となる企業システム統合の分野で主導的地位を確立するための,早期の積極的な行動を示すものだ。他のベンダーではまだ構想段階でしかない業務およびシステム統合の理想的なプラットフォームを提供し,次世代アプリケーションの構築を支援する」と述べた。

 両社が現在手がけている製品およびサービスは,「ほとんど重複がないため相互に補完する関係にある」(両社)。Sun社は,SeeBeyond社の技術を取り入れ,サーバー向けJavaシステム「Java Enterprise System」にインテグレーション・スイート「Java System Integration Suite」を追加する計画である。

◎関連記事
米Sunが「Java Enterprise System」の新版をリリース,ID管理ソフトなどを追加
【JavaOne 2004】J2EEベンダーのSOA戦略が出揃う──SunとOracleがSOA対応製品を発表,IBMとBEAを追う
米IBMが「WebSphere MQ」の新版を発表,中小企業のSOA実装を支援
米IBM,体系的なSOA導入を可能とする企業向けサービス「SOMA」を発表
米Microsoft,次世代開発プロジェクトなどビジネス・アプリケーション戦略を明らかに
仏Business ObjectsとスウェーデンMySQL,BIプラットフォームとデータベースの統合で提携
「2008年には,現在の約3倍のBI担当者が必要」,米Gartnerの調査
「今後3年間でBIは爆発的に普及する」,米マイクロストラテジー幹部が断言

[発表資料へ]