PR

 検索技術を手がける米blinkxは,インターネット上のビデオやオーディオ・クリップを検索できる同社のWebサイト「blinkx.tv」において,ポッドキャストとビデオ・ブログを検索できるようにした。blinkx社が米国時間6月29日に明らかにしたもの。「ユーザーはポッドキャストやビデオ・ブログの検索以外にも,自作のコンテンツを検索対象として登録できる」(同社)

 blinkx.tvでは,高度な音声認識技術とテキスト書き起こし技術に,同社が特許を取得した文脈解析技術「Context Clustering Technology(CCT)」などと組み合わせる。同社によると,CCTは文脈を考慮しないキーワード検索とは異なり,言葉の背後にある概念を正確に理解できるという。「オーディオおよびビデオ・ファイルで話された言葉を理解し分析できるので,Web上のマルチメディア・コンテンツの正確かつ自動的な検索が可能」(同社)

 blinkx社創設者のSuranga Chandratillake氏は,「インターネット上のリッチ・メディア・コンテンツは爆発的に増えている。しかし,米Yahoo!や米Googleの検索技術はテキスト・ベースのキーワード検索のため,オーディオやビデオ・コンテンツには不向き」と説明する。

 なお米メディア(InternetNews.com)によると,米TVEyesが今年4月,同様のサービス「Podscope」を開始している。

◎関連記事
米AOL,ビデオ/オーディオ検索エンジンSingingfishに13社のコンテンツを追加
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
米AOLが検索サービス「AOL Search」を拡充,オーディオ/ビデオ検索機能などを追加
米Google,「Google Video」で一般投稿ビデオの検索・視聴を可能に
米Google,テレビ番組を検索できる「Google Video」サービスを発表
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査
米Google,デスクトップ検索アプリ「Google Desktop Search」のベータ版を提供開始
米Adobeと米Yahoo!,「Adobe Reader」のオンライン検索機能などで提携

[発表資料へ]