PR

 米Microsoftのインターネット事業MSNと英Vodafoneは英国時間6月30日に,パソコンと携帯電話間のインスタント・メッセージング(IM)サービスを立ち上げる計画を発表した。パソコンの「MSN Messenger」と携帯電話の「Vodafone Messenger」のあいだでメッセージをシームレスにやりとりできる。

 ユーザーは,相手がメッセージを受け取れる状態か「プレゼンス」を確認し,会話のすべてをテキストで閲覧することが可能。同サービスでは,発信者課金モデルを採用する。Vodafone加入者はプリペイド方式にするか,毎月の請求書で支払う。MSN Messengerユーザーは,同プログラムと組み合わせて提供されるパッケージを通じて支払う。

 両社によると,MSN Messengerのユーザーは世界で1億6500万人以上,Vodafone携帯電話の加入者は約1億5500万人にのぼるという。メッセージング機能はパソコンでも携帯電話でも人気が高まっており,「新たなサービスで,パソコンと携帯電話間のやりとりがいっそう増え,より多くのトラフィックが期待できる」(両社)。

 両社によるIMサービスは,年内に一部の欧州諸国で開始する予定。

◎関連記事
米Microsoftが「MSN Messenger 7.0」を提供開始,他のMSNサービスとの連携強化
次期「Yahoo! Messenger」の公開ベータ版,パソコン間通話などVoIP機能を強化
「モバイル・メッセージング世界市場,2007~2009年で売上高は6倍に」,米調査
米Cingularと米AT&T Wireless,マルチメディア・メッセージング・サービスを共同提供
米Verizon Wireless,テキスト・メッセージング・サービスを28カ国に拡張
加RIM,企業IMのモバイル端末利用で米Novell/米IBM/米MSと提携
「IMのセキュリティ脅威,2005年は毎月50%のペースで増加中」,米調査
「米国企業の49%,IM利用に関する社内規定はなし」,英SurfControl

[発表資料へ]