PR

 インドのTata Consultancy Services(TCS)と米Microsoftは,中国企業と協力し,中国にITアウトソーシング・サービスの合弁会社を設立する。TCS社が中国で現地時間6月30日に発表した。

 合弁会社設立は,インド企業の中国への投資促進を図る組織Sino-India Cooperative Office(SICO)と両社の戦略的提携の一環で,中国のBeijing Zhongguancun Software Park Development,Uniware,Tianjin Huayuan Software Park Construction
and Developmentが同計画に参加する。

 合弁会社は,北京市のZhongguancun Software Parkに設立され,2006年初頭に事業を開始する予定。米国,欧州,中国本土を含むアジア太平洋地域など,世界の主要市場すべてを対象に,ITアウトソーシング・サービスを提供する。中国ソフトウエア業界の模範となる新たなベンチャー立ち上げを目指すとしている。

 TCS社が過半数の株式を保有し,Microsoft社および中国企業がそれぞれ少数株を所有する。

◎関連記事
米Microsoft,中国インターネット事業立ち上げで地元企業とジョイント・ベンチャ設立
「中国のインターネット,法的,技術的な規制が広範に存在」,ONIの調査
米Novell,中国のLinux普及促進で地元システム・ソフト会社と提携 
米Mozilla Foundation,中国での活動展開に向け現地非営利法人を設立
「2005年の中国PC/周辺機器市場,前年比40%増の1390億ドル規模」,米調査
「2005年世界IT支出の増加は減速,中国,インド,ロシアが大きく成長」,米IDC
「日中関係の緊迫でグローバル企業は戦略見直しが必要に」,米Gartnerの調査
みなぎる中印ITパワー

[発表資料へ]