PR

 ノルウェーのTrolltechが,クロス・プラットフォーム・ソフトウエア開発環境の新版「Qt 4」を現地時間6月28日に発表した。C++言語を使用して,Windows,Linux/Unix,Mac OS X用のアプリケーションを作ることができる。新機能を追加したほか,アプリケーション開発環境「Microsoft Visual Studio .NET」との連携も可能とした。

 Qt 4を使用すると,1種類のソースコードで異なるOSに対応したアプリケーションを開発できる。「マルチ・プラットフォームで動作するソフトウエアの開発作業は重要性が高まっている。Qtを使用すれば,事実上あらゆる環境で動く高性能なネイティブ・アプリケーションを作れる」(Trolltech社社長のEirik Chambe-Eng氏)

 新版はグラフィックス・サブシステムを強化し,半透過(アルファ・ブレンディング),アンチ・エイリアシング,浮動小数点座標などが使えるようになった。マルチ・スレッディング機能を拡張し,マルチ・コア・プロセサを活用したプログラムの作成が簡単に行えるという。

 Visual Studio .NETとの連携が可能となり,「LinuxやMac OS上で動くアプリケーションを慣れ親しんだプログラミング環境で開発できるうえ,Windows用アプリケーションの開発もAPI変更やOS間の非互換に悩まされない」(同社)。

 ライセンスは,商用アプリケーション開発用と,「Qt Open Source Edition」というオープンソース・プロジェクト用の2種類を用意する。オープンソース向けライセンスはGeneral Public License(GPL)に従う。いずれも直ちに利用可能とする。同社はWebサイトで,商用向けの評価版Qt Open Source Editionを公開している。

◎関連記事
「Eclipse RCP 3.1」が公開,「Eclipse Platform 3.1」は今週中にリリース
Eclipseが組み込み開発環境を強化へ,オープンソースの開発環境WideStudioも利用可能に
米Microsoft,「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」「BizTalk Server 2006」は11月第2週リリース
米Microsoftが「Visual Studio 2005」の価格を発表,「Standard Edition」は299ドル
「Java開発者はオープンソース・ソフトを信頼し,積極的に利用している」,米調査より
米Borlandが「JBuilder」のロードマップを発表,「新製品でEclipseをベースにする」
米JBoss,さまざまな開発環境を組み込めるミドルウエア「JEMS」を正式発表
米REAL SoftwareがLinux戦略を発表,クロス・プラットフォーム開発環境「REALbasic 5.5」でLinuxをサポート

[発表資料へ]