PR

 業務およびサービスの可用性確保のためのソフトウエアを手がける米Micromuseは,ソフトウエア・ベンダーの米GuardedNetを買収することで両社が合意に至ったことを,米国時間7月1日に発表した。買収総額は1620万ドル。支払いは現金で行う。取引はMicromuse社の2005会計年度第4四半期(2005年7~9月期)に完了する予定。

 Micromuse社はこの買収により,セキュリティ解析,リスク削減,事故管理,法規準拠など,急速に関心が高まっている分野に向けた技術の拡充を図る。

 GuardedNet社は1999年に設立された未公開企業。従業員は約42人。主要製品の「neuSECURE」は,一元的なセキュリティ管理,異なるシステム環境のログ収集,リアルタイムの問題検出を可能にし,監査およびコンプライアンス向けレポート機能などを備える。

 米Gartnerによると,セキュリティ情報およびイベント管理市場はまだ比較的小規模で,導入規模や年間売上高においても突出したベンダーがいない,分散した状態である。同市場はこれから整理統合に向かうと,Gartner社は予測している。

 Micromuse社は自社のネットワーク管理ソフトウエア・スイート「Netcool」とGuardedNet社のneuSECUREを組み合わせ,セキュリティ情報およびイベント管理市場における地位強化を狙う。

◎関連記事
企業幹部の4分の3以上がセキュリティを重視,「コスト管理よりも重要」
非常事態でも事業継続できる体制を~「ビジネス・コンティニュイティ」の重要性~
「企業セキュリティ,心配なのは社外からの攻撃よりも社員の無知と失敗」,米調査
セキュリティ関連の3団体,企業のセキュリティ対策徹底に向けて連携
「企業のセキュリティ担当者を苦しめる3つの“C”」──米SymantecのCEO
「米連邦政府機関のITセキュリティ支出は2010年度に70億ドル超」,米INPUTの調査
「米国の非軍事政府機関のセキュリティIT支出は今後5年間で27%増加」,米調査

[発表資料へ]