PR

 米Broadcomは,携帯電話向け技術やLSIの販売活動などで米国の独占禁止法に違反したとして,米QUALCOMMをニュージャージー州米連邦地方裁判所に提訴した。Broadcom社が米国時間7月5日に明らかにしたもの。Broadcom社は損害賠償と,QUALCOMM社の不公正な商習慣に対する終局差し止め命令を求めている。

 訴状のなかで,Broadcom社は「携帯電話向けの技術やLSIを提供するにあたり,いくつもの排他的かつ非競争的な販売活動を展開した」と主張する。また,業界標準への対応に必要な技術を提供するライセンス契約において,「公正,合理的かつ差別のない条件(FRAND:Fair, Reasonable And Non-Discriminatory)」を自ら破ったという。さらにBroadcom社は,「QUALCOMM社が,差別的なロイヤルティの設定,ロイヤルティの二重取り,過度に広範囲なクロスライセンス契約の要求なども行った」とする。

 提訴の目的について,Broadcom社社長兼CEOのScott A. McGregor氏は「当社だけのためではなく,携帯電話業界全体のために,ただ公正な競争が可能な環境を求めている」と説明する。「QUALCOMM社によるCDMA技術の独占は,米国における携帯電話機の価格上昇を招いてきた。法廷には,第3世代携帯電話機がCDMAと同じ状況になることを阻止してもらいたい」(同氏)

◎関連記事
米QUALCOMM,新CEOと新社長が就任,「今後も実行/革新/競合に注力していく」
米QUALCOMMの2004年10月~12月期決算,売上高は14億ドル
米Qualcommによる米Broadcom特許の侵害について米国際貿易委員会が調査を開始
米Broadcom,米QUALCOMMを通信/マルチメディア技術の特許侵害で提訴
米QUALCOMMと米Broadcom,3G CDMA機器向けBluetooth技術の共同開発で提携
米TIと米QUALCOMMの特許契約に関する係争,控訴審もTIを支持
2005年Q2の世界携帯電話出荷台数は前期比4%,「今年いっぱい順調に伸びる」
「米国世帯で進む携帯電話利用,4台以上所有世帯は前年比57%増」,米調査

[発表資料へ]