PR

 米Dellと米Napsterは,大学キャンパス向け音楽配信サービスの提供で協力する。Dell社が米国時間7月6日に明らかにしたもの。導入第1弾として,今秋よりワシントン大学(University of Washington)で音楽配信サービスを開始する。

 Dell社のブレード・サーバー「Dell PowerEdge 1855」上でNapster社のデジタル音楽サービスを運用し,利用可能なネットワーク帯域幅を減らすことなく,合法的な音楽配信サービスを学生に提供する。「非合法音楽ダウンロード・サービスと違い,ウイルスやスパイウエアなどの危険がほとんどない」(Dell社)

 ワシントン大学の配信システムは,ワシントン州シアトルのキャンパスに10台のDell PowerEdge 1855を設置し,Napster社のキャッシュ・アプリケーション「SuperPeer」を動かす。キャンパスのネットワーク内にあるキャッシュ用サーバーに音楽ファイルなどのコンテンツを保存し,そこから配信する。そのため,ネットワークの速度を落とすことなく,数百人に対して同時にデータを配信できるという。

 Dell社はワシントン大学の教員,職員,学生に対し,パソコンや電子機器,音楽プレーヤの割引販売も行う。

 なお,米メディアの報道(internetnews.com)によると,Napster社はコーネル大学(Cornell University),ジョージ・ワシントン大学(George Washington University),バーモント州のミドルベリー大学(Middlebury College),マイアミ大学(University of Miami),ロチェスター大学(University of Rochester),南カリフォルニア大学(University of Southern California),バンダービルト大学(Vanderbilt University),オハイオ州のライト大学(Wright State University)でも大学キャンパス向け音楽配信サービスを提供しているという。

◎関連記事
米Napster,大学キャンパス向けデジタル音楽配信プログラムで新たに6大学と契約
米最高裁,PtoPベンダーに対する著作権侵害の責任追及を認める
PtoPアプリ,最も利用されているのは依然として音楽や映像のファイル交換
「携帯型音楽プレーヤ市場,首位は米Appleの『iPod』」,米In-Statの調査
「音楽販売低迷はPtoPのせいとは限らない」,OECDの調査
「オンライン音楽配信,『iTunes』の人気がほとんどの無料PtoPサイトを上回る」,米NPDの調査
「CDから音楽をコンピュータに取り込む消費者は昨年の2倍以上」,米調査
「米国のオンライン音楽配信,有料サービスの利用が着実に増加」,米調査

[発表資料へ]