PR

 IT人材雇用の業界団体であるNational Association of Computer Consultant Businesses(NACCB)が,米国のIT雇用に関する調査結果を米国時間7月8日に発表した。それによると,2005年6月のIT雇用者は359万4100人で,前月に比べて8200人(0.23%)増えた。

 NACCBのCEOを務めるMark Roberts氏は「IT雇用は今年1月以降,一貫して伸びている」と説明する。「6月は,IT雇用の成長率が雇用全体のそれを約2倍上回った。既存のITインフラの維持,さらには最新技術の導入が,今後もIT雇用需要をけん引する」(同氏)

 ちなみに,IT雇用者の約4分の1をソフトウエア・エンジニアが占める。しかし,システム・アナリストやシステム・アドミニストレータなどの比率が高まっており,ソフトウエア・エンジニアの割合は以前と比べて減っている。

◎関連記事
「2005年Q3の米国IT雇用,CIOによる見通し11%純増は過去3年で最高」,米調査
「2005年Q2の米国IT雇用,CIOの12%が人員増強を計画」,米調査
「オフショア・アウトソーシングに対する満足度は急落,それでも導入を縮小する企業はわずか」,米調査
「5月の米国雇用状況, IT分野ではメーカー/サービスが拡大」,米労働省の調査
2005年Q1の米国IT雇用は9%拡大の見込み,需要が高いスキルはWindows管理
2005年のIT初任給は0.5%増,需要が高いシステム監査員は5.1%増
「2004年の米ハイテク業界は失業者激減,景気底打ちの兆し」,米調査
「2004年のIT職の昇給率は3%,米国全体を平均を下回る」,米調査

[発表資料へ(PDF形式)]