米Sun Microsystemsは,ストレージ製品系列「Sun StorEdge」の新製品「同9985」を米国時間7月11日に発表した。同製品は,企業などの大規模な基幹業務システム向けモデル「同9990」の下位モデルとなる。

 新モデルは,Sun社のStorEdgeストレージ・システム製品を拡張するもの。顧客がプロプライエタリのシステムから容易に移行するのを支援する。また,このモジュラ型のストレージ・アレイは,ミッドレンジ市場に仮想化機能とデータ・サービスをするため,ストレージに対する既存の投資を守るとともにデータ管理を容易にする,と同社は説明している。

 同モデルは,メインフレームとの接続性や異種ストレージ管理といった機能を提供するため,大規模な統合プロジェクト,災害復旧計画,事業継続プロジェクト,情報ライフサイクル管理戦略などを導入するStorEdge 9900ユーザーに適しているという。

 StorEdge 9985は,Sun社と同社のiForceパートナを通じて提供されている。同日,日立製作所の米国子会社Hitachi Data Systems(HDS)は,同じシステムを「Hitachi TagmaStore Network Storage Controller model NSC55」として提供開始を発表している。

◎関連記事
米HPと米Sun,日立のハイエンド・ストレージ技術を用いたストレージ・システムを発表
日立とHPが仮想化技術を搭載したディスク・アレイを投入
米Sunと日立,データ・センター向けストレージ販売に関する提携を2年延長
米サンが日立の大規模ストレージを世界市場で販売へ,「数十億ドル規模」の契約

発表資料へ