PR

 米Sun Microsystemsは,同社のWeb向け認証技術とシングル・サインオン(SSO)技術をオープンソース化する計画「Open Source Web Single Sign-On(OpenSSO)」を米国時間7月13日に発表した。同計画用のコミュニティWebサイトの運営も始めた。

 同社は開発者に情報やリソースを提供することで,コミュニティへの参加を促し,議論を活性化させる。具体的には,SSO関連技術のロードマップ,FAQ,ドキュメント,チュートリアル,サンプル・コードといった情報の提供や,メーリング・リストの運営を行う。

 第一弾のソースコードは2005年第4四半期に利用可能とし,2006年春に本格的に公開する予定。ライセンスはCommon Development and Distribution License(CDDL)を適用する。

 同社は,OpenSSOのWebサイト認証/SSO技術に接続するためのエージェントについて,「Sun Java System Web Server」「Sun Java System Application Server」を使うソースコードの公開も計画している。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,セキュリティ・ソフトウエア「Java System Access Manager version 7.0」を今秋リリースした後にソースコードを公開する。2006年に閲覧のみ可能なソースコードの提供を開始し,その後CDDL版をリリースする予定という。

◎関連記事
米Sunと米Microsoft,Liberty ID-FFとWS-Federationを相互接続するシングル・サインオン仕様を発表
OASISがシングル・サインオン仕様「SAML v2.0」をOASIS標準として承認
OASISと米一般調達局,シングル・サインオン仕様SAML 2.0の相互接続デモを実施
Liberty Allianceが「ID-WSF 2.0」草案を公開,SAMLに対応
米eBayがMicrosoft Passportの利用を停止
Liberty Alliance,シングル・サインオン製品の相互運用性をデモ
米Microsoft,米IBMなど7社,「WS-Federation」による相互接続をデモ
“進化”するシングル・サインオン

[発表資料へ]