PR

 米Mozilla Foundationは米国時間7月12日に,オープンソースWebブラウザ「Mozilla Firefox」の後継に相当する「Deer Park」の「Alpha 2」版を公開した。Mozilla FoundationのFTPサイトからWindows用,Linux用,Mac OS X用のバージョンを無償ダウンロードできる。

 Alpha 2版では,アップグレード作業を省力化するための機能を有効化できるほか,「back(戻る)」「forward(進む)」ボタンの処理を改善してWebページ間の移動を高速化したという。セキュリティ機能とポップアップ阻止機能の強化,Mac OS X(10.2以上)への対応改善を図った。また,ブラウザ・タブの順番変更をドラッグ&ドロップで行えるようにした。

 なおDeer Park Alpha 2について,Mozilla Foundationは「Webアプリケーション開発者やテスト・コミュニティ向けの試験用なので,Firefox 1.0.xユーザーは使用しない」よう警告している。既知の問題が残っており,たとえばMac OS Xでディスク・イメージからDeer Parkを起動すると,起動処理を繰り返す状態に陥るという。

◎関連記事
Mozilla Firefox次期版「Deer Park」アルファが公開,パスワードなどを一括消去する新機能
米Mozilla,セキュリティの脆弱性を修正した「Firefox 1.0.5」を公開
「Opera」ブラウザに「BitTorrent」技術を統合,テクニカル・プレビュ版を公開
米GoogleがFirefox対応ツールバーをリリース,Windows/Mac OS/Linuxをサポート
米Netscape,「Netscape 8.0.2」でIEのXMLレンダリング障害を解決
「ブラウザ・ベースのファーミング攻撃が2年前と比べ約倍増」,CompTIAの調査
「5月のFirefoxのシェアは8%強,IEが前月比0.77ポイント縮小」,米調査
米Microsoft,「Longhorn」用「IE 7」にマルウエアの動きを制限する機能を搭載へ

[Deer Park Alpha 2公開のニュース掲載ページ]
[Deer Park Alpha 2のリリースノート]