PR

 米Finjan Softwareは米国時間7月20日に,米Microsoftと特許ライセンス契約を結んだことを明らかにした。Microsoft社はFinjan社に出資し,Finjan社のコンピュータ・セキュリティに関する一部特許の非独占的ライセンスを取得する。金額などの詳細は明らかにしていない。

 Microsoft社は,世界規模の同ライセンスを利用して,今後の自社製品におけるセキュリティ機能強化を図る。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Microsoft社がライセンス供与を受けるのは,インターネット・トラフィックの監視やポリシー・ベースの不正コード防止などに関するもの。特許のアイデアのみを利用し,ソフトウエア・コードといった実質的な技術はライセンス契約に含まれない。

 Finjan社CEOのAsher Polani氏は,「Microsoft社と新たに契約できることに満足している」と述べた。「両社とも,さらに優れたセキュリティを実現するための革新的な手法が求められていることを認識している」(同氏)

◎関連記事
米Microsoft,「仮想化とネットワーク・セキュリティへの取り組みを強化」
米Microsoftの家庭PC向けセキュリティ・サービス「Windows OneCare」,間もなくベータ提供を開始
米Microsoft,ウイルス対策からバックアップまでカバーする家庭ユーザー向けPC管理サービス
米Microsoft,「Longhorn」用「IE 7」にマルウエアの動きを制限する機能を搭載へ
「2005年Q1のマルウエア,6割がスパイウエアとアドウエア」,スペインPandaの調査
「企業の90%のコンピュータにスパイウエア」,アンチウイルス・ベンダーが警告
スパイウエア禁止法案が米下院議会を通過,米Microsoftが支持声明を発表
北米IT幹部の87%が「スパイウエアは今後さらに深刻化する」,米調査

[発表資料へ]