PR

 米Evans Dataは,オープンソースの利用に関する調査結果を米国時間7月25日に発表した。それによると,アジア太平洋地域(APAC)では,「来年はオープンソースの導入を増やす」と答えた開発者が47%にのぼっており,北米開発者の同様の回答(25%)を大幅に上回った。

 一方,「今後12カ月でオープンソースの導入を減らす」と答えたアジア太平洋地域の開発者はわずか4%だった。

 オープンソース・コミュニティについて,「これまで以上に貢献する」という開発者は,アジア太平洋地域で44%,北米が32%。「ミッション・クリティカルな導入にLinuxを利用する可能性がある」とする開発者は,アジア太平洋地域が70%,北米が57%だった。

 またEvans Data社アナリストのSteve Fullmer氏によると,Javaを利用する開発者と,オープンソース・ソフトウエア・モジュールの開発向け使用には直接的な相関関係があるという。「Javaの利用が増えるほど,オープンソースを使う傾向が高くなっている」(Fullmer氏)

◎関連記事
「オープンソース・ソフトの導入要因は価格ではない」,米Evans Data
「Java開発者はオープンソース・ソフトを信頼し,積極的に利用している」,米調査より
「世界の多くの政府や自治体でLinuxへの移行が進んでいる」――米Novell Lawrence Rosenshein氏
オープンソースの.NET互換開発環境「Mono 1.0」,米Novellの支援のもとで正式リリース
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
米Sunとnetbeans.org,Java開発フレームワーク「NetBeans」のロードマップを発表
米Sun,「Solaris 10」をオープンソースOS「OpenSolaris」として公開
米BEA,オープンソースのサポートを拡充

[発表資料へ]