PR

 米Mozilla Foundationは米国時間8月3日に,営利目的の100%子会社「Mozilla」の設立について明らかにした。「大衆への恩恵を目的としたMozilla Foundationおよびコミュニティをサポートし,革新的オープンソース・ソフトウエア配信のさらなる成功を目指す」(Mozilla社社長のMitchell Baker氏)

 新会社はエンドユーザー向け製品の開発と配布に注力する。マーケティングや宣伝といった配布関連の活動を行う。

 一方,Mozilla Foundationは,プロジェクトのガバナンス,インフラ,ソースコードに焦点を当てる。引き続きMozillaプロジェクトの中核として,オープンソース・プロジェクトの管理,ソースコードの管理および配布,ポリシーの策定,プロジェクト参加者の組織化にあたる。

 これまでMozilla Foundationで開発およびマーケティングに関わっていた多くのスタッフが新会社に移行する。ただし,Mozillaプロジェクトの運用に影響はなく,これまで培ってきた開発メソドロジも変わらないとしている。

「Webブラウザ『Firefox』の成功はFirefox自体にも,Firefox関連の商用製品にも,大きな経済効果をもたらした。これは初めから期待していたものではなく,主要目的を果たそうとした結果の副産物だ。この価値を慎重に管理することで,Mozillaプロジェクトの持続を可能にし,インターネットのオープン性と多様性を維持できる」(Mozilla Foundation)

◎関連記事
米Mozilla,「Firefox 1.1」を「同1.5」に改名し3カ月遅れの9月リリースへ
米Mozilla,「Firefox」の後継ブラウザ「Deer Park」のアルファ2版を公開
「Firefoxが2位を維持するもシェアは減少,IEは増加」,米調査
「Firefoxの市場シェアが10%を超え,Netscapeは衰退」,米調査より
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
ダークホースIE 7の予想される姿
米Netscape,「Netscape 8.0.2」でIEのXMLレンダリング障害を解決
ノルウェーOpera Software,Webブラウザ「Opera 8.0」の正式版を公開

[発表資料へ]