PR

 米Evans Dataが,欧州/中東/アフリカ(EMEA)におけるITシステム開発に関する調査結果を米国時間8月3日に発表した。それによると,2005年春の時点で,PHP,Perl,Pythonといういわゆる“P言語”を使用する開発者の数が前年に比べ大幅に減ったという。

 前年の同時期と比べた場合,開発者の減少率はPHPが25%,Perlが20%以上,Pythonが25%でいずれも2ケタ減だった。「それぞれの言語を今後の開発作業で使わないつもり」という開発者は,PHPが40%弱増,Perlが20%増,Pythonが17%増となった。

 Evans Data社COOのJohn Andrews氏は「全体としてPHP,Perl,Pythonの利用は1~2年前にピークとなり,多くの要因で減少が始まっていた」とみる。「減少のペースは,EMEAとアジア太平洋地域の方が北米よりも速い。P言語離れの主要因の1つとして,企業向けシステムで利用できないことが挙げられる」(同氏)

 そのほかの主な調査結果は以下の通り。

・2~3年後に64ビット・アプリケーションを開発する予定の開発者は,過去6カ月間に250%以上増えた。開発予定がないという開発者は40%近く減少した

・開発者の61%が,開発作業で何らかのオープンソース・ソフトウエア・モジュールを使用している。ただし,オープンソース・コミュニティに対して貢献した経験のある開発者は33%だった

◎関連記事
「アジア太平洋地域の開発者の約半数がオープンソース導入を拡大する予定」,米調査
【PHPウォッチ】第18回 PHP誕生10周年,PHP 5.1とPHP 4.4が登場
EU,オープンソース・ソフトウエア・プロジェクトに約83万ドルを出資
米IBMがオープンソース支援策,Zend TechnologiesとのPHPツール共同開発など
Javaを脅かすPHP,大手テクノロジ企業が続々支持
「オープンソースに学ぶべき点はコミュニティ」——米Microsoft Linux/OSS戦略担当 Bill Hilf氏
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」−−米調査
日本のオープンソース開発者,62.3%が国内コミュニティで主に活動

[発表資料へ]