PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間8月17日,2005年会計年度第3四半期(2005年5~7月期)の業績を発表した。売上高は前年同期比10%増の208億ドル。GAAPベースの純利益は1億ドル(希薄化後の1株当たり利益は3セント)で,前年同期の6億ドル(同19セント)から88%減少した。

 GAAPベースの営業利益は9億1300万ドルで,同条件の希薄化後の1株当たり利益は3セントだった。

 非GAAPベースの場合,純利益は11億ドル(希薄化後の1株当たり利益は36セント)で,前年同期の7億ドル(同24セント)から50%成長した。

 なお非GAAPベースの数値には,HP社が第3四半期および第4四半期に,海外における利益145億ドルを本国に引き上げないと決定したことに関連して生じた,課税後の調整費用9億8800万ドルを含まない。

■2005年会計年度第3四半期の業績(前年同期との比較)

             2005年会計年度  2004年会計年度
              第3四半期     第3四半期     伸び率

売上高                     208億ドル       189億ドル            10%
非GAAPベースの営業利益率       5.7%          4.5%        
GAAPベースの営業利益率         4.4%          3.5%  
非GAAPベースの純利益         11億ドル        7億ドル              46%   
GAAPベースの純利益            1億ドル        6億ドル             -88%
非GAAPベース希薄化後EPS       36セント       24セント             50%
GAAPベース希薄化後EPS          3セント       19セント            -84%  

出典:HP社

 地域別にみると,米大陸の売上高は前年同期比8%増の90億ドル,欧州/中東/アフリカ(EMEA)は同10%増の82億ドル,アジア太平洋地域は同15%増の35億ドルとなった。

 事業別の業績は,企業向けストレージおよびサーバー事業は前年同期比20%増の40億ドル。Industry Standard Servers部門の収入が同28%増,Business-Critical Systems(BCS)部門が同7%増,ネットワーク・ストレージ部門が同15%増となった。とりわけ,BCS部門の「HP Integrity」サーバーが好調で,前年同期比113%増と急伸した。

 個人向けシステム事業の売上高が前年同期比8%増の64億ドル。出荷台数が同14%増加した。デスクトップ・パソコンの収入は同3%増加し,ノート・パソコンは同21%拡大した。

 サービス事業は前年同期比10%増の38億ドル。マネージド・サービス部門は同21%増,テクノロジ・サービス部門は同7%増,コンサルティングおよびインテグレーション・サービスは同12%増となった。

 ソフトウェア事業は前年同期比11%増の2億4900万ドル。「HP OpenView」による収入が同13%増加し,「HP OpenCall」による収入も同5%増加した。

 画像処理およびプリンティング事業の売上高は,前年同期比5%増の59億ドルだった。

 HP社CEO兼社長のMark Hurd氏は,「当期の売上高は,2ケタの成長率を達成できた。また,主要分野の営業利益率が着実に伸びているほか,キャッシュフローも堅調だ」と説明する。

 HP社は,2005年会計年度第4四半期の見通しも明らかにした。売上高は224億ドル~228億ドルの範囲,非GAAPベースの1株当たり利益は44セント~47セントと見込む。なお同予測には,無形固定資産の償却による1株当たり3セントの課税後費用,および人員削減による1株当たり22セントの課税後費用を含まない。

◎関連記事
米HPの2004年5~7月期決算,企業向けストレージ/サーバー事業が不振
米HPの2004年11~2005年1月期決算,売上高は前年比10%だが純利益は微増
「シンプルな会社にする」と米HPのマーク・ハードCEO
米HPが1万4500人のレイオフなど大規模なリストラ策,年間19億ドルのコスト削減見込む
「2005年を<モバイルの年cと位置付ける」,米HPがモバイル分野の世界戦略を発表
米HP,中小企業向けテープ・バックアップ製品とUSB対応DATドライブを発表
米Dellの2006会計年度2~4月期決算,国外の売り上げ好調で2ケタ台の増収増益
米Sunの4~6月期決算速報,前年同期比4.3%減収で大幅減益 

[発表資料へ]