いまや完全に死語になった「IT革命」について、ドラッカー氏は次のように書いている。「IT革命とは、実際には知識革命である。(中略)ソフトとは仕事の再編である。知識の適用、特に体系的分析による仕事の再編である。鍵はエレクトロニスではない」。

 体系的分析とは、まさにシステムズ・エンジニアリングあるいはインフォメーション・エンジニアリングそのものである。つまり、システムズ・エンジニアが仕事を改革・再編することが、IT革命というわけだ。

 筆者はIT革命という言葉を非常に嫌っていたが、この定義であればおおむね納得する。おおむねというのは、この定義であれば、それをわざわざIT革命と呼ぶ必要がないと思うからだ。ITと付けてしまうと、エレクトロニクスのにおいが強くなる。

 引用した下りが出てくる論文は、1999年に発表されたものだ。エレクトロニスで大革命が起きるような報道を続けた日米のメディアは、この論文の発表時に熟読すべきであった。いや、今から読んでも遅くはない。IT革命に代わって最近は、ユビキタスなんとかという言葉が飛び交っているからだ。

 引用した文章のすぐ後で、ドラッカー氏は次のように述べている。「まさに出現しようとしている新しい経済と技術において、リーダーシップをとり続けていくうえで鍵となるものは、知識のプロとしての知識労働者の社会的地位であり、社会的認知である」。

 ネクスト・ソサエティの中で、もっとも印象に残る一節である。システムズ・エンジニアの社会的地位と社会的認知。残念ながら、いまだに日本の課題と言える。このままでは来るべき社会において、日本はリーダーシップをとれないことになる。

 ドラッカー氏によると、産業革命当時、イギリスは製造テクノロジスト(技能技術者)を社会的にあまり評価しなかった。それがイギリスが産業国家として優位を失った原因という。