PR

 USB Implementers Forum(USB-IF)は12月18日,USB機器同士がパソコンを介さずに通信するための規約「ON-The-Go(OTG)」を策定した。USB 2.0の追加仕様となっている。これにより,例えば携帯情報機器やディジタル・カメラをプリンタに接続して印刷したり,携帯音楽プレーヤ同士でデータを交換したりできる。

 OTGは,携帯電話とUSB対応機器を接続したいという携帯電話機メーカからの要求を受けて策定が始まった。USBはもともとパソコンの周辺機器向けのインタフェースとして策定されたので,パソコンがホスト・コントローラとして集中して制御するようになっていた。OTGではUSB機器自体にホスト・コントローラの機能を持たせる。ただし小型の機器への搭載を考慮して,USB 2.0の一部の機能を取り除いている。具体的には,480Mビット/秒のハイスピード・モードはオプションとし,接続可能な機器の種類を制限するなど。

(高橋 秀和=日経バイト)