PR
 ボーランドは2002年2月19日,Windowsアプリケーションをビジュアルに開発できるC++言語処理系「C++ Builder 6」を発表した。出荷開始は同年3月19日。

 基本的には同社のObject Pascal言語処理系「Delphi 6」のC++版である。目玉は二つ。SOAP(Simple Object Access Protocol)に基づくWebサービスに対応したクライアントおよびサービスの開発機能と,将来出てくるLinux版とのソース・コード互換性の確保である。前者に関して,SOAPに基づくサービスの記述言語であるWSDL(Web Services Description Language)で書かれた内容から,そのサービスを利用するための代理オブジェクトを自動的に生成する機能を備えた。またWebサービスを実現するためのウィザードを備える。標準で用意しているインタフェースを継承することにより,実装は容易である。

 後者に関しては,Delphi 6/Kylixで導入した「CLX(Component Library for Crossplatform)」をC++ Builder 6でも採用した。CLXがその下の層にあるWindowsのAPIやLinux,X Window Systemなどを覆い隠す。2002年前半にはLinux版のC++ Builderが登場する。これによりC++ Builder 6で開発したアプリケーションのソース・コードをLinux版で再コンパイルすれば,アプリケーションの移植が可能になる。

 Enterprise版,Professional版,Personal版を用意する。Enterprise版はすべての開発機能を備えているもの。価格は36万円。Professional版はWebサービスの構築機能や分散アプリケーションの開発機能を除いたもので,データベースにアクセスするクライアント・アプリケーションの開発が可能。価格は6万8000円。なおDelphi 6ではWebサービス・クライアントの構築機能はEnterprise版のみ搭載していたが,C++ Builder 6ではProfessional版も搭載する。Delphi 6の無償アップグレード・キットでこの機能に追いつく予定だという。Personal版は1万円。

 なお米Borland Software社は2002年2月12日にC++ BuilderとDelphiを.NETに対応させ,中間コード「MSIL」の生成機能を持たせると発表したが,具体的な製品形態などに関しては「決まっておらず,話せる段階ではない」(安藤由男代表取締役社長)という。

(北郷 達郎=日経バイト)