PR
 コンパックコンピュータは2002年2月19日,フルサイズのPCIカード程度の大きさのカード状のサーバ「ProLiant BL e-Class」を発表した。価格は30万円。3月下旬に出荷開始する。カード状なので刃(ブレード)のように見えることから「ブレード・サーバ」とも呼ばれる。すでに同種の製品をNECや米Hewlett-Packard社が発表しており,ちょっとした流行になっている。

 ブレード・サーバはラックに設置した「エンクロージャ」と呼ぶ箱に挿し込んで使用する。このような形態にすることでサーバ1台当たりの体積と消費電力量を抑え,全体としての設置面積と消費電力を節約できる。データ・センタなど,大量のサーバを設置する用途を想定している。

 ProLiant BL e-Classの場合は高さ3Uのエンクロージャに最大20台設置できる。エンクロージャは別売り。価格は50万円。プロセサに超低電圧版PentiumIII(700MHz)を採用し,ハード・ディスク・ドライブもノート・パソコン用の2.5インチ製品を採用して消費電力量と発熱量を抑えた。チップセットはServerWorks LELPを採用した。標準で512Mバイトの主記憶を備え,最大で1Gバイトまで拡張可能だ。ハード・ディスク容量は30Gバイト。OSはWindows 2000 Server,Linuxに対応しており,Windows .NET Serverにも対応予定。出荷時の状態ではOSはインストールされていない。

 この製品ではマルチプロセサ構成は採れない。同社によると今年中に2プロセサ,4プロセサ構成の製品を発表する予定だという。

(笹田 仁=日経バイト)