米Intel社は2002年2月27日,PCIに代わる次世代インタフェース「3GIO」に対応したデスクトップ・パソコンのフォーム・ファクタ「Big Water」を発表した(写真)。米国サンフランシスコで開催されている「Intel Developer Forum 2002 Spring」の基調講演で,Intel Architecture Group General ManagerのLouis J.Burns氏が明らかにした。2003年後半に登場する次期Pentium 4(開発コード名Prescott)用のもので,これまでよりもかなり小型になっている。PCIスロット用拡張カードの代わりに,3GIO用のカセット状モジュールで機能を拡張できる(写真)。

 次期Pentium 4のフォーム・ファクタは,Big Waterに先立ってまず「Tidewater」が用意される。現行の省スペース・パソコン向けフォーム・ファクタ「microATX」をさらに小型化したもの。Tidewater用の設計ガイドとリファレンス・システムは2002年4月に公開するという。

 これに対し,Big Waterは全く新しいフォーム・ファクタになる。詳細な仕様は2003年に公開する。2004年にはBig Waterを採用した製品が登場する見込みだという。